取引手数料とは何か


取引手数料をとっているFX業者は現在ではほとんどないようです。今から5年前だと、かなりの数の業者が1万通貨につき300円から500円ほどの手数料が要りましたが、業者同士の競争が激しくなってきたので、次第に手数料も安く、そしてなくなっていきました。

とはいえ、FX会社も取引を仲介することで、利益を得なければ会社としてやっていけません。どこで利益を得るのかといえば、1つは手数料、スワップポイント、為替レートといったところからになります。

売買するときには、スワップポイントも為替レートも、ビット/アスクと呼ばれる買値、そして売値があり、スプレッドが生じます。このスプレッドはトレーダーから見ると手数料と同じ意味を持ちます。

具体的にいうとドルと円で「買値100.25と売値100.20」といった値なら、100.25円払って買ったドルを、100.20円と、0.05円安く売ることになるので、この分の差はトレーダー側の支払いになります。

同じように、スワップポイントにも、買うときと売るときでスプレッドが生じます。買うとき0.34円、売るとき0.38円ならば、1万ドルを買ったとき、1日につき34銭の儲けになりますが、1万ドルを売るときには、38銭と少し高く払う必要があります。すなわち、スワップポイントに4銭というスプレッドができるのです。これもトレーダー側の支払いです。

つまり、手数料が無料になった代わりに、 買値と売値のスプレッドの値幅を広くして、利益を得ようとするのが業者の考えというわけです。それでも、良心的FX業者なら銀行同士での売り買いと同じ程度の相場でレートを用意してくれます。

為替というのは時々、思わぬような値動きをすることがあります。そんなときは銀行でも明確な相場を示せなくなることもあり得ます。

問い合わせてたりしているうちに1円程度はどんどんと値動きしてしまいます。そんな激しい値動きのときでも、きちんとレートを示してくれるのが、FX業者だということです。

初心者のトレーダーは手数料の価格やスプレッドの小ささのみを重要視しがちですが、経験を積んだトレーダーは、バイナリーオプション 比較などを参考にして、これと思うFX業者の複数に発注をして、そのときの相場をじっくり検討して、市場の動きと解離していないかを確かめるのです。

スワップポイント、為替レート、スプレッドから手数料まで、全ての要素を合わせた上でのコスト面での良さも考慮して、お勧めできるのが、Yバイナリーや24 option。また、バイナリー88です。両業者とも、質の高いサポートを提供しているという事でもお勧めです。一度アクセスしてみて下さい。